読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンシオンに住まふ

マンション生活やその他諸々

田原総一朗が迫る、日本の空き家問題

空き家率40%時代に備えよ! 田原総一朗が迫る、日本の空き家問題 / 『空き家が蝕む日本』著者・長嶋修氏に聞く | SYNODOS -シノドス-

空き家には2つのタイプがある

①都心など立地条件の良いところ
  バブル時代の老朽化した投資用のワンルームマンションが、中心。
  投資用なので、賃料の値下げなどに無頓着。
  修繕しようにも、話し合いがうまくいかず、放置。
②立地条件の悪いところ
  地方や郊外のベッドタウンなど。
  こちらはより深刻で、これからの人口減少で、町自体が消滅危機。

直接的な要因

  • 不動産業界に問題があり、不動産の流通が悪い。
  • 価格査定がいい加減、オトリ物件など。
  • ただし、最近は改善されつつある。

空き家対策

  • 空き家を介護施設などに用途転換。
  • 自治体が、撤去などを勧告、命令出来る法律の施行。
  • 新築からストック重視へ、新築の抑制。
  • このために、霞ヶ浦発ワシントン経由の外圧を利用。

根本的解決には